腰痛の治し方|自分で治す腰痛マニュアル









 「腰痛の治し方」緊張性の腰痛と仙腸関節のズレ
 
自分で治す腰痛改善マニュアル

  
 
トップページ 腰痛プラス 腰痛の新常識 腰痛治療改革 腰痛の革命児 お問い合わせ
伝説の腰痛DVD 一歩先の腰痛百科 先進の腰痛対策 最新ギックリ腰情報 進化する骨盤調整
  TOP進化する骨盤調整 >緊張性の腰痛と仙腸関節のズレ  
 

  「腰痛の治し方」緊張性の腰痛と仙腸関節のズレについて



こんにちは、飛鳥塾整体院の中山です。

 

あなたの仙腸関節のズレは、調整して治りましたか?

[緊張性の腰痛と仙腸関節のズレ] について、下記に詳細に記して みましたが、まだまだ機能的にはすべてが解っている訳ではありません。あなたの腰痛の原因 でなければいいのですが。

私の分かる範囲でお伝えしますので何かの参考になればと思います。 仙腸関節を含む骨盤矯正グッズにはこんなのもあるんですね。 【兼子ただしプロデュース命の骨盤ケアパンツ】エクササイズ

仙腸関節の動きの特徴の一つは、左右の耳状面のS2(仙骨の2番)の高さよりやや下方に 中心軸があり、左右の腸骨が互いに反転するように、2〜4ミリ程度の微小な回転運動をすることです。

[恥骨結合部分と仙腸関節] は、互いに連動して動き、自転車をこぐときの股関節とペダルの ような関係を作り出しており、 [恥骨結合部分ではクランクのような回転運動] をしている ようです。

 

仙骨の前後屈運動がポンプになり脳脊髄液が循環する!

これらと連動して仙骨は、起立時の前後方への重心移動や呼吸している時に前屈・後屈運動を しており、通常でも一分間に5回程度の「ゆるやかな前後・後屈運動」を繰り返されていることが 確認されています。

さらに、呼気時に前屈(前上方へ前屈運動)し、吸気時には後屈(後下方へ後屈運動) します。

この仙骨の前後屈運動が押し上げポンプのような役割を果たし、「脳髄液の還流を促す」ことで 神経細胞への栄養補給や物質代謝が促進され、「ホメオスターシスが保たれ」ているからと 考えられており、この動きが阻害されることで、自律神経系の様々な疾患を引き起こすのではないか と考えられています。

事実、長期に渡って腰痛と合併して自律神経系の症状(不眠・悪寒・不定愁訴・動悸 ・息切れ・のぼせ・不安感)などを、訴えてくる患者さんが [仙腸関節の機能異常が回復] すること によって、症状が消失することは非常に多いようです。



院長おすすめの「自宅で腰痛改善プログラム」

■ 病院や治療院に通っても中々腰痛が改善しません!
 

これ以上、通院する時間もお金も無駄に掛けずに、自宅に居ながら治療できる 「腰痛を治す方法」はないでしょうか?

このようなお問い合わせを今でも結構頂いています。 もし、このような慢性腰痛でお悩みでしたら、数量に限りはありますが、 是非一度下記より「院長推薦の腰痛プログラム」をご確認下さいませ。

 


 
Copyright © 2015 自分で治す腰痛マニュアル All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト