「腰痛の治し方」腰痛予防には大腰筋を弱らせない事
 
自分で治す腰痛改善マニュアル

  
 
トップページ 腰痛プラス 腰痛の新常識 治療の大改革 腰痛の革命児 お問い合わせ
伝説の腰痛DVD 一歩先の腰痛百科 先進の腰痛対策 最新ギックリ腰情報 進化する骨盤調整
  TOP進化する骨盤調整 >腰痛予防には大腰筋を弱らせない事  
 

  腰痛予防には大腰筋を弱らせない事について




こんにちは、飛鳥塾整体院の中山です。

 

「大腰筋」の状態が老化を遅らせたり早めたりする?

 

[腰痛予防には大腰筋を弱らせない事] について、腰痛は大腰筋との 関係も含まれてきますので、あなたの腰痛は太ももの前の筋肉が原因 かも知れません。

大腰筋は大腿四頭筋を支える大腿骨の内側にある小転子に付着し腹部を 通って上部は胸椎12番から腰椎1〜5番までに至っていますので、 [大腰筋が拘縮すれば大腿四頭筋も関連して拘縮し 腰痛を引き起こす] ようになります。

身体のどこかが固いということは、ほぼ全身が固いということです。 身体は柔らかく保ちましょうね。 【ポールストレッチャー + モビバンビューティー】送料無料

症状が関節の痛みの場合、軽症では歩き始め、正座から立ち上がるときなど、 関節の起動時に生じることが多いです。

使って行くうちに痛みは消失しますが、しかし、更に使い続けると、再び痛みが 出てくるという特徴があります。

これは筋肉の硬直が大きな原因です。 一定の位置から動かさずにいると筋肉は、いつもより更に縮んでいます。

少し動くと、筋肉の特徴として伸縮の可動域が広がり スムーズな動きが出来るようになります。


 

健康的な大腰筋を維持して腰痛を撃退しましょう!

 

しかし、更に動き続けると筋肉は疲労を起こして再々度、硬直が始まり 動きにくい状態になります。

これは一概には言えないとは思いますが、老化や運動不足によって筋力が著しく弱くなった ということに起因していると考えられます。

これらが重症になると、常時痛みを感じ関節の運動に制限が起こり骨の変形や 関節の腫脹、関節液貯留が関節包内で生じます。

しかし、これもその関節を動かしている筋肉や靭帯などの軟部組織の影響も ありますので、その部分の [リハビリやストレッチなどで筋肉の伸縮を正常] に 近づけることで症状も安定します。

予防法は、足腰の下肢の関節の場合は体重が重いと関節に大きな負担が かかるので、肥満防止に努めることも重要です。

関節の安定性を高めるために、太ももの前の筋肉、大腿四頭筋の筋力強化を 図ることも重要になります。

大腿四頭筋のトレーニングは、女優の森光子さんが行なっていたことでも 有名な、あまり深く曲げないスクワット(膝の曲げ伸ばし運動)が代表的な トレーニングですね。

スクワットの深さや量を調整することで高齢者でも行なえるトレーニング法 だと言えます。



院長おすすめの「自宅で腰痛改善プログラム」

■ 病院や治療院に通っても中々腰痛が改善しません!
 

これ以上、通院する時間もお金も無駄に掛けずに、自宅に居ながら治療できる 「腰痛を治す方法」はないでしょうか?

このようなお問い合わせを今でも結構頂いています。 もし、このような慢性腰痛でお悩みでしたら、数量に限りはありますが、是非一度下記より 「院長推薦の腰痛プログラム」をご確認下さいませ。

 


 
Copyright © 2015 自分で治す腰痛マニュアル All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト