腰痛の治し方|自分で治す腰痛マニュアル









 「腰痛の治し方」女性の腰痛と正しい骨盤ケア
 
自分で治す腰痛改善マニュアル

  
 
トップページ 腰痛プラス 腰痛の新常識 腰痛治療改革 腰痛の革命児 お問い合わせ
伝説の腰痛DVD 一歩先の腰痛百科 先進の腰痛対策 最新ギックリ腰情報 進化する骨盤調整
  TOP進化する骨盤調整 >女性の腰痛と正しい骨盤ケア  
 

 「腰痛の治し方」女性の腰痛と正しい骨盤ケアについて



こんにちは、飛鳥塾整体院の中山です。

 

女性の骨盤って本来グニャグニャ骨盤ってご存知?

[女性の腰痛と正しい骨盤ケア] について、比較的に男性よりも女性の 身体、特に骨盤は柔軟性に富んでいますので、赤ちゃんをお腹に宿して大きく成長しても骨盤も 柔軟に適応していきます。

もし、あなたが出産経験がある女性なら、ひょっとしたら出産を機に腰痛になった ということはありませんか?

また、出産後も徐々に元の体型に戻り、[骨盤も元の大きさに収まっていきますが] 、 女性の中にも身体が異常に固い人もいますので、そのような方の場合は恐らく骨盤周辺の伸縮状態も 良くないと思われますので、出産時は難産だったり帝王切開を勧められたりするのかも知れませんね。

元々、男性よりも [柔らかい骨盤や腰を含む女性の身体は柔軟性] に優れていますので、 その柔軟性を保つためにはやはり日頃のストレッチや適度な運動は欠かせないと思います。

骨盤ケアグッズにはこんなものがあります。 骨盤シェイプ シェイプ 着圧インナー 骨盤ケア 10P26Mar16

 

胎盤から分泌されているホルモンによって骨盤が緩む

また、妊娠してお腹が大きくなってくると、身体の前後のバランスを取るために 上体を反らしたような姿勢で歩くようになります。

この姿勢で歩いたり立ったりしていると、背中や腰の筋肉に大きな負担がかかり、 腰痛や肩や背中にも痛みが出てくるようになります。

また、 [胎盤から分泌されているホルモンの働きで骨盤が緩んでくる] ため、お腹や上体をを 支える力も普段より弱まってきて内蔵も下がり、腰周辺の筋肉にも更なる負担が かかってしまいます。

それだけではなく、お腹に赤ちゃんがいる訳ですので、その重さも日に日に負担になってきます。

このような理由で妊婦さんの約半分くらいは、腰痛に悩まされている方が いるのではないでしょうか。

でも、心配することはありませんよ。 これは、原因が妊娠中の一時的な腰痛ですから、出産後、時間が経つに連れて 元に戻るケースがほとんどのようですから。



院長おすすめの「自宅で腰痛改善プログラム」

■ 病院や治療院に通っても中々腰痛が改善しません!
 

これ以上、通院する時間もお金も無駄に掛けずに、自宅に居ながら治療できる 「腰痛を治す方法」はないでしょうか?

このようなお問い合わせを今でも結構頂いています。 もし、このような慢性腰痛でお悩みでしたら、数量に限りはありますが、 是非一度下記より「院長推薦の腰痛プログラム」をご確認下さいませ。

 


Copyright © 2015 自分で治す腰痛マニュアル All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト