仙腸関節の動き方に診る異常
 
  自宅で骨盤矯正ストレッチ

   仙腸関節の動き方で腰痛を診断できる理由・・
   腰痛を診断・運動習慣・仙腸関節の動き方
   運動療法と骨盤矯正に特化した自宅治療法。

トップページ 腰痛プラスワン 腰痛の最新常識 腰痛治療大改革 腰痛サプリメント お問い合わせ
一撃の腰痛DVD 自宅治療の腰痛百科 先進の腰痛治療対策 ギックリ腰最新情報 骨盤調整アプローチ
坐骨神経痛改善教材 最新脳機能腰痛教材 細胞活性ストレッチ 達人の腰痛改善DVD 痛み・コリ解消教材
  TOP進化する骨盤調整 >仙腸関節の動き方に診る異常  
 

  仙腸関節の動き方に診る異常について

 


こんにちは、飛鳥塾整体院の中山です。

 

腰痛のほぼ90%以上が仙腸関節に異常があるって?

< [仙腸関節の動き方に診る異常] について、仙腸関節の機能異常 は身体の痛みや関節痛など広範囲にわたる痛みの間接的原因の一つですが、腰痛に限ってば 直接的な原因が90%以上と言われますが、あなたはこの事実をご存知でしたか?

腰痛のほぼ90%以上は仙腸関節に何らかの異常があると言われますが、 これは痛みなどに限らず運動能力や身体能力にも非常に関係の深い事実なのです。 逆に [運動能力の高い人は仙腸関節や骨盤付近の柔軟さ] が見られるということです。

しかし、腰痛などの痛みに苦しんでいる人にとって・・ 腰椎椎間板ヘルニアであろうがなかろうが、仙腸関節機能異常の腰痛 だろうが、腰椎すべり症だろうが、ただの腰痛症であろうが、 そんな病名等どうでもいい話です。

腰痛に悩んでいる人の多くが仙腸関節に異常があります。 骨盤を引き締めて仙腸関節を守る! 極薄骨盤引締めパンツスーパーハイウエスト(ショート)

要するに、その痛みや不快症状が消えてしまえば、取り敢えずは、それでいいわけなんです。

[このような辛い痛みを引き起こすメカニズム] は、多くの場合、実は 仙腸関節性腰痛である可能性が最も高いと云われています。

人の身体は生きている限り、活動している限り、歩いたり座ったり前屈みになったり 後ろに反ったり、様々な動きをしながら生活をしている訳です。


 

仙腸関節の動きって、わずか3〜4ミリなんですって?

これらの動きの中心になっているのが、人体を大きく分ければ骨盤なのです。 骨盤というのは、[腸骨という2つの骨に挟まれた仙骨との合計3つ骨] から成っているのです。

中央の仙骨を左右から腸骨が挟んだ結合部分、そこが [仙腸関節と云われる人体の要] でもある 重要な関節なのです。

[腸骨と仙骨間の両側約3センチの位置] に左右一つずつ対を成している関節が [仙腸関節] と云われているところです。

関節といっても、肩関節や股関節のように大きく動く関節ではなくて、これは平たい耳状の関節で 動きは非常に小さく [3〜4ミリ程] の動きと考えられています。

しかし、この仙腸関節が扇でいえば「要」の役目をする部分であり人体の動きのすべてに影響 している [人体の要] なのです。

仙腸関節性腰痛は腰痛の原因の90%以上だとも言われますように、 腰痛患者の殆どに仙腸関節機能異常があると言われます。


院長おすすめの「自宅で腰痛改善プログラム」

■ 病院や治療院に通っても中々腰痛が改善しません!
 

これ以上、通院する時間もお金も無駄に掛けずに、自宅に居ながら治療できる 「腰痛を治す方法」はないでしょうか?

このようなお問い合わせを今でも結構頂いています。 もし、このような慢性腰痛でお悩みでしたら、数量に限りはありますが、 是非下記より「院長推薦の自宅で治す腰痛プログラム」を覗いてみて 下さい。




 
Copyright © 2015 腰痛ヘルニア 自分で治す毎日10分改善法 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト