骨盤矯正&ストレッチ











仙腸関節のストレッチ
 
腰痛ヘルニア 自分で治す毎日10分改善法

 
トップページ 腰痛プラスワン 腰痛の最新常識 腰痛治療大改革 腰痛サプリメント お問い合わせ
一撃の腰痛DVD 自宅治療の腰痛百科 先進の腰痛治療対策 ギックリ腰最新情報 骨盤調整アプローチ
坐骨神経痛改善教材 最新脳機能腰痛教材 細胞活性ストレッチ 達人の腰痛改善DVD 痛み・コリ解消教材
  TOP進化する骨盤調整 >仙腸関節のストレッチ  
 

  仙腸関節のストレッチについて

 


こんにちは、飛鳥塾整体院の中山です。

 

あなたの腰痛も、もしかしたら仙腸関節炎かも知れない!

[仙腸関節のストレッチ] について、よく [仙腸関節炎] と 言ったりしますが、あなたはこの病名を聞いたことがありますか?

背骨を介して上半身の体重が、背骨の最下部の骨盤内にある「仙骨という逆三角の形をした骨」 に掛かっていますので、仙骨や仙骨と腰椎5番の骨には常時荷重がかかり続けている訳です。

上半身の体重を支えている仙骨は、これも骨盤内の左右2つの腸骨に挟まれる形で存在しますが、 この2つの腸骨に挟まれている仙骨と腸骨の間にあるわずかに動く関節が「仙腸関節」 なのです。またここに炎症が起こる症状を [仙腸関節炎] といいます。

骨盤を安定させることで仙腸関節を守る優れものがあります。 骨盤安定サポーター ラクダーネDX

また、仙腸関節にかかるストレスは仙腸関節と炎症の関係で痛みなどの症状を 引き起こします。このストレスは人が起きて行動している限り、常にかかり続けています。

仙腸関節に限らず、関節にストレスがかかると、大なり小なり関節包内もしくは、 関節周辺の軟部組織(靭帯、筋、腱)に炎症を引き起こしてしまうのです。

ストレスによる炎症は、慢性的な仙腸関節炎症になりますので、特別なことを しなくとも絶えずストレスが掛かっている状態では仙腸関節にも炎症が引き起こされやすい条件なの で、慢性腰痛や坐骨神経痛の症状が出ることが多いのです。


 

仙腸関節は身体の歪みやバランスの微調整もしている

そんな条件の中でも、身体が正常なバランスであれば 骨格や関節へのストレスも小さく炎症自体も少なくなるという訳です。

炎症を抑えるには、先ず、患部を冷やすことが先決なのですが、骨格が歪んだ現状のままであれば、 心的、肉体的ストレスも、その部位に掛かったままになりますので、炎症は慢性化するか、再び炎症を おこす可能性が高くなります。

[炎症をおこしてしまう原因を取り除く事が先決] なんです。ちなみに、ストレスの かかった関節は極端に柔らかくなったり、硬くなったりしていますので、それらを目安にまずは 自己診断して見るのもいいでしょう。


院長おすすめの「自宅で腰痛改善プログラム」

■ 病院や治療院に通っても中々腰痛が改善しません!
 

これ以上、通院する時間もお金も無駄に掛けずに、自宅に居ながら治療できる 「腰痛を治す方法」はないでしょうか?

このようなお問い合わせを今でも結構頂いています。 もし、このような慢性腰痛でお悩みでしたら、数量に限りはありますが、 是非下記より「院長推薦の自宅で治す腰痛プログラム」を覗いてみて 下さい。




 
Copyright © 2015 腰痛ヘルニア 自分で治す毎日10分改善法 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト