仙腸関節性腰痛の治療法
 
  自宅で骨盤矯正ストレッチ

   仙腸関節性腰痛治療にはAKAが有効である理由・・
   AKAが有効・運動習慣・仙腸関節性腰痛
   運動療法と骨盤矯正に特化した自宅治療法。

トップページ 腰痛プラスワン 腰痛の最新常識 腰痛治療大改革 腰痛サプリメント お問い合わせ
一撃の腰痛DVD 自宅治療の腰痛百科 先進の腰痛治療対策 ギックリ腰最新情報 骨盤調整アプローチ
坐骨神経痛改善教材 最新脳機能腰痛教材 細胞活性ストレッチ 達人の腰痛改善DVD 痛み・コリ解消教材
  TOP進化する骨盤調整 >仙腸関節性腰痛の治療法  
 

  仙腸関節性腰痛の治療法について

 


こんにちは、飛鳥塾整体院の中山です。

 

仙腸関節という関節ってどこにあるかご存知ですか?

[仙腸関節性腰痛の治療法] について、仙腸関節は骨盤の中に ある背骨の最下部に位置する仙骨を、左右の腸骨で挟むようにして骨盤が構成されています。 その腸骨と仙骨を繋ぐ関節が左右2つある「仙腸関節」なんですが、この関節はわずかに 数ミリしか動かないとされています。あなたの [仙腸関節は機能異常] を起こしては いませんか?

この [数ミリの動きが最も重要] で、扇の要のような役割をして全身の動きに関与していると 言われています。例えば、片方の仙腸関節に機能異常が発生して、動かなくなって ロック状態になったと仮定すると腰痛をはじめ様々な関節の動きが異常な動きと なって痛みや不快症状を発症させてしまいます。

仙腸関節について研究している関節運動学の立場からすると・・ [腰痛をはじめ全身の痛み やシビレ] などの85%以上は、骨盤内にある仙腸関節の機能異常に起因して いるようです。

[仙腸関節のロック状態を防止する骨盤サポート] は、あなたの骨盤の強い味方! 骨盤のゆがみ、ズレを補正する骨盤医学メッシュベルト!【中山式骨盤医学メッシュベルト】

仙腸関節のズレやロックなどの機能異常は、生活の中の様々な動きや姿勢 などによって発症します。

また長期間、重心軸が重力からズレることでも [仙腸関節に支障] が起きる原因になりますので、 まずは、今の自分の姿勢を確認する必要があります。

理論上、 [仙腸関節のズレやロックを解放] させれば、腰痛をはじめ、 様々な体の痛みのほとんどが改善するということなのです。


 

関節運動学的アプローチAKAという「神の治療法」?

実際に、病院で手術を勧められた腰痛患者でも、仙腸関節の可動矯正で辛い 腰痛が回復する方も少なくはありません。

しかし、この [関節運動学AKA療法の熟練した手技] を実際に臨床で使える までには、最低でも4〜5年間ほどの長い修行が必要になるということです。

そのため、資格の有無などの評価とは別に、その手技に熟練した医師や治療家が非常に少ないと いう事実も腰痛をはじめ病院でも中々治らない理由の一つになるかも知れません。

[関節運動学的アプローチAKA] の立場でお伝えしました。



院長おすすめの「自宅で腰痛改善プログラム」

■ 病院や治療院に通っても中々腰痛が改善しません!
 

これ以上、通院する時間もお金も無駄に掛けずに、自宅に居ながら治療できる 「腰痛を治す方法」はないでしょうか?

このようなお問い合わせを今でも結構頂いています。 もし、このような慢性腰痛でお悩みでしたら、数量に限りはありますが、 是非下記より「院長推薦の自宅で治す腰痛プログラム」を覗いてみて 下さい。




 
Copyright © 2015 腰痛ヘルニア 自分で治す毎日10分改善法 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト