スグに使える運動不足による腰痛改善策!
 
ヘルニアの完治など慢性腰痛の治し方


 
トップページ 腰痛プラス 腰痛の新常識 治療の大改革 腰痛の革命児 お問い合わせ
伝説の腰痛DVD 一歩先の腰痛百科 先進の腰痛対策 最新ギックリ腰情報 進化する骨盤調整
 
 

 スグに使える運動不足による腰痛改善策とは


   
こんにちは飛鳥塾整体院の中山です。


スグに使える運動不足による腰痛改善策について、運動療法や保存療法、そして神経ブロックや手術などがありますが、腰痛の改善を意識し 日々、予防のためにウオーキングやストレッチなどの適度な運動、または食事の面や姿勢だったりを意識して生活している、 云わば生活習慣に気を配っていいる人に、手術まで勧められる重い腰痛になる人は稀ではないかと思います。

腰痛手術などの外科的な治療を行わずに、他の方法にて 治療を進める方法を「保存療法」と呼んでいるようですが、 その「保存療法」には様々な「腰痛治療法」の種類があります。


 

 グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸

 
「薬物療法」

・消炎鎮痛剤(痛み止め、湿布) =炎症を抑え痛みを和らげる効果。
・筋弛緩剤= 筋肉の緊張を和らげる効果。
・抗うつ薬、精神安定剤 =ストレスなどから来る腰痛に効果。
・サプリメント =グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸など。


「運動療法」

運動不足が原因で筋力を衰えさせて、老化を促進させて 腰痛を発生させるというのが、今や誰もが知る腰痛を引き起こす大きな原因の 一つであるといわれています。

では、なぜ「運動不足」が腰痛の原因になるのでしょうか?
 
・筋力が衰えると身体を充分に支えられなくなる。
・筋肉や靭帯などの軟部組織が固まり血流が悪くなる。
・骨は運動による刺激がないと徐々に弱くなる。
・筋肉が弱くなると伸縮もなくなり関節の動きが狭くなる。
・内蔵の働きや全身の組織の老化が進み痛みが出やすくなる。
・骨盤の動きが鈍くなり脊髄内の脳脊髄液の循環が衰える。

 
運動不足によって引き起こされる腰痛との関係も、関連を探せば もっと沢山あるのではないでしょうか。


 

  消極的方法で現状を維持するだけの治療法だと言える

 
「固定療法」

 
・ギブス
・コルセット
・サポーター
・テーピング

 
などで腰を固定し動きを安定させ筋肉の代わりに身体をサポートす 装具や器具のことをいいます。

これらは、積極的に腰痛を解消させる目的の治療法というよりも、 消極的方法で現状を維持するだけの治療法だと言えるのではないでしょうか。


 

 原則として効果や根拠のない商品は販売されていない

 
「腰痛解消プログラム」

腰痛解消プログラムは、腰痛の専門家が腰痛に関する研究をし、 もしくは、自分をはじめ多くの人の腰痛を解消した研究と実績を基にして 腰痛で苦しむ人を救うための目的で販売されているのが これら「腰痛解消プログラム」だと思います。

販売サイトの厳重な審査も含めて、効果がないなどの悪評が広まれば、 それ以上売れないというだけではなく、販売者の信用までなくして しまいますので、原則として効果や根拠のない商品は販売されていない。
というのが事実だと思います。

とは言え、やはり最終的には自分で選んで試すしかありませんよね。

●まとめです・・
治療法には幾つもの種類がありますが、「薬で抑える方法や運動による方法」または 「食事によって改善させる方法」など様々ですが、腰痛が酷い場合は案外何もせずに「安静にする」 ことが一番回復が早い場合もあります。 いろいろと扱い過ぎて返って悪化するケースもありますので専門的な意見に沿って行って下さい。



運動不足による腰痛改善策|ヘルニアや慢性腰痛の治し方

■ 病院にも治療院に行っても中々腰痛が改善しません。
これ以上、通院する時間もお金も掛けずに、自宅に居ながら治療できる 「腰痛の治療法」はないでしょうか?
このようなお問い合わせを今でも頂いています。

そんな「自宅で腰痛を解消したい」という切実な願いを叶えて上げたい!
そういう思いを込めて、「自宅で治す腰痛プログラム」の中から複数の治療法 の内容や実績などを詳しく調べて「5つの腰痛解消プログラム」に絞りました。

そして腰痛の専門家でもある私が「ランキング形式で比較評価」して、レビューして見ました。是非下記より「比較ランキング」をご確認下さいませ。

                 


☆腰痛解消 TOPに戻る
☆「お問い合わせ」に進む

       
Copyright © 2015 スグに使える運動不足による腰痛改善策 All rights reserved.
by ヘルニアの完治など慢性腰痛の治し方