「腰痛の治し方」自宅で行う腰痛治療の注意点
 
自分で治す腰痛改善マニュアル

 
トップページ 腰痛プラス 腰痛の新常識 治療の大改革 腰痛の革命児 お問い合わせ
伝説の腰痛DVD 一歩先の腰痛百科 先進の腰痛対策 最新ギックリ腰情報 進化する骨盤調整
  TOP一歩先の腰痛百科 >自宅で行う腰痛治療の注意点  
 

 自宅で行う腰痛治療の注意点について




こんにちは飛鳥塾の中山です。

 

湿布や冷却スプレーは一時的な応急処置に過ぎない

 

自宅で行う腰痛治療の注意点について、腰痛の改善には 「薬物療法や固定療法」など様々ありますが、運動療法には他の療法にはない、その場限りの 腰痛改善だけに留まらない効果があるんですがご存知ですか?

薬物や固定療法は、痛みなどの症状を抑えるための効果はあると思いますが、その後の予防する効果はほとんど期待できません。 それに比べて「運動療法」は身体そのもののバランスや筋肉や関節の衰え、または血行の促進妨害などの原因を予防する効果が 大いに期待できますよね。

湿布や痛み止めのような「薬物療法」を使う治療薬も数多くありますが、 そのほとんどは対処療法といわれるその場の症状を抑えるだけの 処置法であり 腰痛解消 を目的にしたものではないと思います。

私自身も、これまでに何度となく「湿布や痛み止め」などにも大変 お世話になってきましたが、湿布の場合、疼くようなその場の痛みが 楽になった経験はありますが、ただその場の症状を緩和するだけで 「腰痛の解消」までには至りませんでした。

腰痛改善用のリハビリ器具には、このような高価な器具もあります。 【送料無料】腰痛改善 リハビリトレーニング

また、[痛み止めや塗り薬] の場合も、その場の痛みを和らげる効果は 確かにあるとは思いますが・・

しかし、痛みを一時的に緩和する効果があるだけで、痛み止めが その原因を根治して腰痛を解消するとはまったく思えませんし、 そのような効力も無いと思っています。

ただ、その場の症状を抑えるだけの対処的に作られた薬だということですね。


 

腰痛解消のサプリメントには即効性は期待しない

 
「薬物療法」にご興味あればこちらへ

サプリメントに関して

腰痛をはじめ痛みに効果のあるとされるサプリメントには、 グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などの 成分を配合したサプリメントなどがあります。

[サプリメント] も即効を期待して摂取するものではなくて 長く飲み続けることによって効果を感じてくるものですから、 痛み止めなどの対処的なものとは正反対のものになると思います。


 

「運動療法」は自分で効果を出す腰痛治療の決定版

 

運動療法に関して

「運動不足」で筋力が衰えると、なぜ腰痛の原因になるのでしょうか? 下記に運動不足が腰痛の原因になる理由を上げてみました。

・筋力が衰えると身体を充分に支えられなくなる。
・筋肉や靭帯などの軟部組織の緊張が続き血流が悪くなる。
・骨は運動による刺激がないと急激に骨の細胞が弱くなる。
・筋肉の伸縮状態が悪くなり関節の可動域が狭くなる。
・運動不足で全身組織の老化が進み痛みが出やすくなる。
・骨盤の動きが鈍ると脊髄内の脳脊髄液の循環が衰える。

他にも、「運動不足」の原因はあるとは思いますが、 筋力の低下は身体全体の機能を衰えさせて行くということを 覚えておいて下さいね。

固定療法に関して

「固定療法」と言われるものを下記に記してみました。 私もサポーターなどはよく使いますし、痛めている部位を保護するには これらの「固定療法」もかなりの補助になると思います。

・ギブス
・コルセット
・サポーター
・テーピング

上記などで、腰を固定し動きを安定させ筋肉の代わりに身体を サポートする用具や器具をいいます。

経験上、腰を固定して保護するための装備であって、 「腰痛解消」を目的とした治療ではないと思います。


 

自宅で治す腰痛治療のメカニズムをプログラム化

 

腰痛解消プログラムに関して

腰痛解消プログラムは、腰痛の専門家が腰痛に関する研究をし、 または、自分をはじめ多くの人の腰痛を解消した研究と実績を基にして 作られ販売されているのが「腰痛解消プログラム」だと言えます。

私の腰痛の場合、この腰痛解消法が一番合ってると感じています。 私たち腰痛の専門家からして見ても、これらのプログラムはよく研究されています。 腰痛になるメカニズムをよく把握し、私どもが気付かない角度から 腰痛への見方やアプローチをするように組み立てられています。

一般の方にもプログラム通りに進めていけば、腰痛が自然に改善して 行くように作られているので安心です。

腰痛に関するノウハウを学習しながら、プログラム通りに行えば いいので、とにかく、その通りに行うことで腰痛が解消して行く というシステムになっているようですね。

●まとめます・・
「腰痛の解消法」を大きく分けても、「薬物療法・運動療法・固定療法」の他にも腰痛解消プログラム などがありますが、もっと細かく分ければ数え切れない程の療法が存在すると思います。

その時の状況や症状などによって「どの療法を使うか」を決めればいい訳なんですが、 どれほどその種類があれ、あなたにあった療法を選ぶ必要があるという訳なんですよね。




院長おすすめの「自宅で腰痛改善プログラム」

■ 病院や治療院に通っても中々腰痛が改善しません!
 

これ以上、通院する時間もお金も無駄に掛けずに、自宅に居ながら治療できる 「腰痛を治す方法」はないでしょうか?

このようなお問い合わせを今でも結構頂いています。 もし、このような慢性腰痛でお悩みでしたら、数量に限りはありますが、是非一度下記より 「院長推薦の腰痛プログラム」をご確認下さいませ。

 



 
Copyright © 2015 自分で治す腰痛マニュアル All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト