腰痛の治し方|自分で治す腰痛マニュアル








   世界が認めた国際基準の腰痛対策!
 
自分で治す腰痛改善マニュアル

 
トップページ 腰痛プラス 腰痛の新常識 腰痛治療改革 腰痛の革命児 お問い合わせ
伝説の腰痛DVD 一歩先の腰痛百科 先進の腰痛対策 最新ギックリ腰情報 進化する骨盤調整
  TOP伝説の腰痛DVD >世界が認めた国際基準の腰痛の治し方
 

  「腰痛の治し方」世界が認めた国際基準の腰痛対策について

 


私も長年人様の身体を診させて頂き、調整法やテクニックを含む施術に関する研究を行う中で [様々な施術法やテクニック] 、または [健康を目的とした治療の考え方] などを 学んできました。

ここでは自宅で腰痛を解決できるプログラム「国際基準の腰痛の治し方」の メリットやデメリットなどにつきまして詳しくご紹介しますので、どうぞよろしくお願いします。

「TMSジャパン・メソッド」の大きな特徴の一つに [国際基準の腰痛の治し方] というものがあります。

これは現在日本で行われている腰痛治療が国際的にいかに遅れているかという ことと同時に、国際基準の腰痛の治し方では、このような治療法があり、 これらの治療法を日本でも紹介して実践して頂ければ、今まで中々治らなかった [辛い腰痛に苦しむ多くの人たちを救う] ことが出来るのではないかと提唱しています。

この「国際基準の腰痛の治し方」とはどういうものなのか? 以下にそれらをご紹介しますので、少しだけお時間をお貸し下さい。

カイロプラクティック、オステオパシー、中国伝統医学、心身医学、精神医学、 TMS(緊張性筋炎症候群)理論に出会い。その後、TMS理論をさらに発展させ、 EBM(根拠に基づく医療)に即した腰痛治療プログラム 「国際基準の腰痛治療TMSジャパン・メソッド」を開発し全国各地でセミナーや 個人治療プログラム、講演などを行っています。

1、受身の治療から責めの治療の考え方にシフトすること。
2、世界の診療ガイドラインに従った治療であること。
3、世界で高確率で治ることが証明された腰痛治療であること。
4、精神的ストレスや疲れによるバランスの崩れを正すこと。



 

  「腰痛の治し方」世界が認めた国際基準の腰痛対策のメリット




その治療が「効果があるか、ないか」は、 [正しい腰痛の治し方を知っているか、 知らないか!] それだけの違いだけです。

根拠に基づいた [最新の正しい治療法] さえ知っていれば、長年悩んでいる腰痛を治す ことは十分に可能だということが解ります。

あなたもこのマニュアル通り実践していくうちに、 [辛かった腰痛が改善] して いく過程を実感し、納得ができるはずです。

[国際基準の腰痛の治し方] のメリットは以下のようになります。

・国際腰痛学会の研究結果に基づいた権威のある治療法であること。
・世界で2億人異常が腰痛を解決した実績を持った治療法であること。
・いつでも誰でも簡単に行える負担のない治療法であること。
・通院する費用や交通費、それに費やす時間も節約できる。
・腰痛が改善したら好きなことが好きなだけできること。
・腰痛から解放されたら心置きなく人生を楽しむことができること。



 

  「腰痛の治し方」世界が認めた国際基準の腰痛対策のデメリット




[腰痛は安静にして出来るだけ動かない] ようにしていては逆に長引きます。 少々痛くても普段通りの日常生活を続けている方が回復は早いのです。

このことは国際的には常識なんですが、今だに日本では安静にするという間違った 腰痛治療の考え方が万延してしているようです。

[神経圧迫が腰痛の原因] と思っている方が大勢いますが、 腰痛に関する日本の常識になっていますので、それも仕方ないことかも知れません。 しかし、それは本当の原因ではないのです。

物事には必ずや、デメリットもあります。下記にデメリットとしてを 取り上げてみました。

,p> ・実行しなければ効果は出ませんが、実行すれば効果大です。
・一週間ぐらいで効果を感じなくても、そのまま続ければ大丈夫です。
・少しやって目移りしてあれこれと手を出す人も改善しません。
・素直に実践しない人は思った効果も出ません。



 

  「腰痛の治し方」世界が認めた国際基準の腰痛対策のまとめ




腰痛を治すということに限らず、何にでも言えることではありますが、 人が何かを始めようとするときには、必ずと言っていいほど迷いが生じるものですよね。

でも生きてる限り、小さな決断でも凄く大きな決断であっても、結局どちらかに決めなければ ならない訳です。

どっちを選ぶかは [其々の価値観や考え方にもよる] とは思いますが、実は一番多いのが、 考えることも決めることも放棄する人が非常に多いらしいのです。

そして、[あの時こうすれば良かった!] と・・案外、腰痛の治し方には関係のない話 とは言えないかも知れません。

もしかしたら、あなたもそうして [辛い腰痛を長引かせてはいませんか?]

今、あなたにお伝えしたいのは、マニュアルに書かれていることを「実際にやってみてほしい」 ということだけなのです。

マニュアルで紹介しているのは、「腰痛を解消したい!」と本気で思う方である なら、すぐに行動に移せる内容になっています。

しかし、それを読むだけで実際にあなたが動かなければ何も変わりません。 あなた自身が腰痛を解消するための一歩を踏み出し、動き始めることに よって、すべては変化し始めるということですから。だからどうか約束してください。

きちんと実行して、 [もう二度と腰の痛みで悩まない] >と。 そして、健やかな身体を手に入れて [幸せで健やかな毎日] を過ごして頂きたい。

人生は二度も三度もありません! 今一歩前に踏み出して、この [マニュアルを手にし腰痛を治そうとするのか] 。 それとも、このままずっと痛みに堪えながら人生を過ごすのか。

後は、あなたの決断のみですね。 [一緒に腰痛を克服] しようじゃありませんか。

1、受身の治療から責めの治療の考え方にシフトすること。
2、世界の診療ガイドラインに従った治療であること。
3、世界で高確率で治ることが証明された腰痛治療であること。
4、精神的ストレスや疲れによるバランスの崩れを正すこと。



・国際腰痛学会の研究結果に基づいた権威のある治療法であること。
・世界で2億人異常が腰痛を解決した実績を持った治療法であること。
・いつでも誰でも簡単に行える負担のない治療法であること。
・通院する費用や交通費、それに費やす時間も節約できる。
・腰痛が改善したら好きなことが好きなだけできること。



・実行しなければ効果は出ませんが、実行すれば効果大です。
・一週間ぐらいで効果を感じなくても、そのまま続ければ大丈夫です。
・少しやってみて目移りしてあれこれと手を出す人も改善しません。
・素直にDVDの通りに実践しない人は思った効果も出ません。
・腰痛が解消しない人の特徴は「治して貰おう」としている人です。



その治療で「治るか、治らないか」その違いは [国際的基準の腰痛の治し方] なのか、そうでないのか。それだけで [効果が雲泥の差になる] ことを忘れないで下さいね。

最後になりましたが、今あなたにお伝えしたいのは「実際にやってみてほしい」と いうことなんです。

そして、自宅に居ながら [辛い腰痛が澄んだ青空のようにスッキリと解消した] あなたの姿が目に浮かんで来る日もそう遠くはないでしょう。

お求めはこちらの公式サイトから↓

Copyright © 2015 自分で治す腰痛マニュアル All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト